バイクの買取について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

バイクの買取時には、車に比べると沢山のパーツがありませんので、査定項目としては少なくなります。やはり第一印象としての外観は重要であり、タンク、カウル、シート等、綺麗な状態であればある程プラス査定になります。ボディに傷、凹み、錆や穴、歪み等の有無、美しい状態が理想ですが、バイクに乗っていればどうしても傷等はついてしまいますので、できるだけ良い状態にしておくことが大切です。フロント周りでは、ハンドル、ホイール、タイヤ、グリップ箇所、リヤ周りでは、サスペンション、チェーン、スイングアーム、スプロケット、ホイール、タイヤのあたりの傷、凹み、錆、腐食に加えて、ねじれ、曲がり、歪み、オイル漏れの有無を見ます。

エンジンエンジンの場合には、やはり音についてのチェックがあります。オイル漏れ、傷、錆の有無等。電気や保安部品周りの場合には、マフラー、バッテリー、ブレーキ、ウインカー、メーター、ライト箇所についての外観と、正常作動をするかどうかがポイントです。

車もそうですが、バイク好きの方は、どんどん自分仕様に改造される方が比較的多い傾向にあります。純正パーツの有無についても、査定の対象になることがありますので、純正も外したらきちんと保管しておくことをお勧めします。

Published by 運営者